応化図2

2018年度 応用化学科オープンキャンパス

8月4日・5日、本大学においてオープンキャンパスが開催されました。応用化学科では学科展示、2名の先生による模擬講義、研究室見学ツアー、体験実験を行いました。

学科展示 @54-204

学科展示の教室では、各研究室のポスター・サンプル・模型等を用いた研究内容の紹介、教科書・ノート・実験レポートの説明、時間割の展示、演示実験を行いました。演示実験では、吸水性ビーズを使用した実験と、ろ紙と水性ペンによるクロマトグラフィーの実験を行いました。応化委員の学生は、来場者の皆様に応用化学科への興味を持っていただけるよう工夫して説明をしていました。

応化1

模擬講義 @57-201 14:45~15:15

模擬講義では2名の先生に以下のようなテーマでご講演をしていただきました。

・1日目 下嶋先生:「社会に貢献する無機材料の化学」

・2日目 野田先生:「夢の材料を現実へ」

下嶋先生の講義では、無機材料が磁石や電池、スマートフォンなど身近なものに用いられていることを学び、野田先生の講義では、化学工学とは、高効率で安全なものづくりを考える学問であるということを学びました。どちらの講義も応用化学科の「役立つ化学・役立てる化学」を感じることができる内容でした。

研究室見学ツアー 15:50~16:50

今年度はツアーの開始時間が遅かったのにもかかわらず、整理券60枚は13時頃に配布終了となりました。15人×4グループに分かれ、応用化学科の研究室や学生実験で使用する実験室の見学をしていただきました。各研究室の方による研究内容の説明は、応用化学科の学問分野をイメージするよい手助けになったと思います。

体験実験 @56-302 13:00~14:00

体験実験は30人の人数制限があるため、整理券を9時から配布いたしました。大好評で、両日ともに10時前に整理券の配布は終了となりました。参加者の中高生には白衣と安全メガネの着用をお願いし、山口研究室の方々の説明のもと、実験を体験していただきました。実験内容は、ノーベル賞を受賞した鈴木―宮浦クロスカップリング反応を試験管内で進行させ、蛍光分子の合成を行うというものでした。蛍光を発したとき、中高生だけでなくその親御さんからも感動の声が上がったのが印象的です。

応化図2

今年度のオープンキャンパスは、パンフレット配布数が2000部に達し、大盛況でした。応用化学科の魅力を大勢の中高生にお伝えすることができたことを嬉しく思います。オープンキャンパスに足を運んでくださった皆様、また、準備・当日のスタッフとして手伝ってくださった全ての方に感謝申し上げます。

(文責 応用化学科3年 片岡 美穂)