カテゴリー別アーカイブ: 勉強会

第3回自主勉強会

12月10日に「進路・院試」をテーマとした、第3回自主勉強会が開催されました。今回は就活や院試を終えた学部4年の4名の先輩方をお招きし、自身の就活や院試の体験談と、それをふまえたアドバイスをいただきました。まず会の前半では、4名の先輩方による講演が行われ、進路を決めたきっかけや就活、院試の対策などについてお話していただきました。

  IMG_7673

最初に、院試を経て、来年の4月から早稲田大学大学院に進学される先輩からは、GPAの重要性や院試の内容、具体的な対策方法などを教えていただきました。

次に、院試を経て、来年の4月から東京工業大学大学院に進学される先輩からは、院試受験までの流れや志望動機、具体的な学習方法についてお話をいただきました。特に、科目ごとの出題範囲の特徴や、オススメの教材なども詳しく教えて下さりました。

そして、院試を経て、来年の4月から東京大学大学院に進学される先輩からは、志望動機や院試受験までの流れ、具体的な対策方法を教えていただきました。

最後に、学部就職を経て、来年の4月から社会人になられる先輩から、学部就職を選んだ理由や、周囲に就活をしている人が少ない中での情報収集の仕方、内定までの具体的な流れなどを紹介していただきました。

 

先輩方による講演のあと、会の後半ではフリートークが行われました。フリートークでは参加者が4つのグループに分かれ、各グループで参加者から先輩方に質問させていただき、より具体的なお話を伺うことが出来ました。どの先輩方も「早めに情報収集をして十分な対策をした」とおっしゃっており、逆算して早めの行動をすることの大切さを教えていただきました。参加者にとって、自身の進路を具体的に考えるきっかけとなる、大変有意義な会でした。お忙しい中、貴重なお話をして下さった4名の先輩方、有難うございました。

IMG_7698

(文責 B2徳本 彩花)

第2回自主勉強会 

 
6月13日、第2回自主勉強会が開かれました。今年度2回目の自主勉強会のテーマは「英語について」でした。グローバル化が進む今日の社会において英語は必要不可欠、避けては通れないものとなっています。その中で、TOEIC、短期留学、長期留学について応用化学科の先輩方にお話をしていただきました。

自主勉強会2_180813_0005

まずはTOEICについて、英語が苦手な人に向けたTOEICの勉強法のアドバイスをいただきました。TOEICは、早稲田応化の院試を受けるのにも必要なものとなっています。英語が苦手な人がTOEICで点数を取るのに効率のいい勉強法としては、公式の問題集を解くよりも、TOEICの対策本で問題の傾向を知ることだというアドバイスをいただきました。リーディングの問題は対策本に従って問題に慣れておくことが重要だそうです。一方でリスニングは、対策を学ぶだけでは完全ではなく、英語を聞く機会を増やして耳を慣らしておく必要があるようです。

次に長期留学についてお話を伺いました。長期留学は、応化のカリキュラムに見合った授業を海外で完全に取ることは難しい部分があり、海外の考え方や人生観、英語能力を磨くために用いることがあるようです。海外の大学の授業は日本の大学のものと違い、同じ授業が週に数回行われることもあるようです。留学資金については長期だと100万円を超えてしまうようですが、学校から奨学金をもらうこともできるそうです。

最後に、短期留学についてお話をしていただきました。短期留学は春休みや夏休みに行うので、海外での学習を応化での学習と平行して行うことができます。また、英語能力を磨く点においては海外旅行よりも密度の高い経験を得ることが出来ます。留学先では留学生のためのイベントもあり、様々な人と交流を深められたそうです。短期留学なので長期留学よりも得られる経験としては少ないですが、一方であまりお金をかけずに行くことができるようです。

自主勉強会2_180813_0011

フリートークの時間では先輩方が質問に答えてくださいました。留学先のことや英語の勉強法など、質問は途切れることなく、和やかな雰囲気で会は進みました。

本年度の第2回自主勉強会は、途中機材のトラブルというアクシデントにも見舞われましたが、先輩方の体験を直接聞くことでこれからに必要な英語について、応化生の観点から知見を広めることが出来ました。企画していただいた渉外班の方々、お話していただいた先輩方、ありがとうございました。

文責 応用化学科2年 西尾 博道(2018/8/8)

第1回自主勉強会

5月16日に「学生生活と研究室生活について」をテーマとした、第1回自主勉強会が行われました。今回は応用化学科修士1年の先輩1名と、学部4年の2名の先輩に来ていただき、様々な貴重なお話を聞くことが出来ました。

写真 2018-05-16 18 19 39

まず、3名の先輩方から、学生時代にやっておけば良かったこと、学習のポイント、各研究室のスケジュールや特徴などについてお話を頂きました。学生時代にすべきこととして、どの先輩方も早めに計画を立てて行動することの大切さを挙げていました。また研究室生活に関しては、研究室によってコアタイムが違うこと、見学に行き雰囲気も見ること、自分の興味のある分野を希望した方が良いこと、英語がとても重要であること等が挙げられました。

写真 2018-05-16 18 42 21

そして、会の後半ではフリートークが行われました。フリートークでは参加者が3つのグループに分かれ、各グループで先輩方に質問をさせていただきました。参加者のほとんどが学部2、3年であったこともあり、研究室に関する質問がとても多かったという印象があります。特に学部3年は研究室選びを夏に控えているため、研究室での生活や、更には就職先も視野に入れて質問をされていました。私達の質問に対して先輩方が詳しく丁寧に答えて下さったので、とても参考になりました。

写真 2018-05-16 19 18 26

普段は修士や学部4年の先輩方とお話できる機会はなかなかありませんが、このような機会に直接様々なアドバイスをしていただくことが出来、とても有意義な時間となりました。残りの学部生活や研究室生活をより良いものにするため、先輩方から伺ったアドバイスを生かしたいと思います。最後に、自主勉強会を企画して下さった渉外班の方々、貴重なお話をしてくださった修士1年、学部4年の先輩方、有難うございました。

 

(文責:応化2年 徳本彩花)

 

 

第2回自主勉強会

11月10日、第二回自主勉強会が開かれました。今年度二回目となった今回の自主勉強会のテーマは「〜後悔のない大学生活を送るために〜」でした。応化の学部4年の3名の先輩をお呼びしてお話をしていただきました。

写真 2017-11-10 18 27 50

 

 

 

 

前半ではテーマについて、先輩方にプレゼンをしていただきました。成績を維持するにはどうしたら良いか、勉強とサークルやバイトとの両立はどうしたら良いのか、研究室での生活はどのような感じなのか、など学生なら誰もが気になるテーマについて詳しくお話を伺うことができました。

写真 2017-11-10 19 02 06

 

 

 

 

 

成績については、1年での成績が単位の割合が高く重要なので頑張っておくべきだというお話をしていただきました。また、遊びについて、大学生活は長いようで短く、遊べる時に遊んでおくべきという一方で、課題はきちんとこなさなくてはいけない。課題を行う時間を決めるなどして自分自身へのルールを決め、メリハリをつけたら良いというアドバイスをいただきました。研究室については、研究内容だけでなく、実際の先輩方の日々のスケジュールや、研究室の雰囲気も紹介していただきました。研究室によってコアタイムや、研究進度の発表の頻度も違うようです。特に、研究室に配属された後の生活についてはなかなか知ることができないので良い機会だったと思います。一年生はまだ研究室について知らないことも多く、研究室での生活の忙しさに驚いている様子でした。

写真 2017-11-10 19 16 11

 

 

 

 

 

  会の後半には自由に質問が出来るフリートークの時間が設けられました。3つのグループに分かれて、先輩方に各グループで質問させていただきました。研究室配属についてのことや、研究室の選び方などの質問に丁寧に応じてくださいました。

写真 2017-11-10 19 16 21

 

 

 

 

 

  歳の近い先輩との交流であったからか、会は終始和やかな雰囲気で進み、終了の時刻になってもまだ皆話し足りない様子でした。90分という短い時間ではありましたが、先輩方の生の体験談を聞くことのできる貴重な会でした。これから、後悔のない学生生活を送ることのできるように、伺った話を生かしていきたいと思います。この第二回自主勉強会を企画してくださった渉外班の方々、お話をしてくださった学部4年の先輩方、ありがとうございました。

文責:応用化学科1年 西尾 博道(2017/11/23)

2017企業が求める人材像

s01s

11月18日、「企業が求める人材像」というフォーラムが開かれました。この企画は、学生とOBがフラットな関係で議論を交わし、これから社会に出る今の学生に求められる力は何か、より活躍するにはどうしたら良いかを考える会でした。今回は専門家を招かず、参加者全員がパネリストであるという形を取ることでフランクに議論が進められました。

前半では、AIの技術が発展するパラダイムシフトの時代で、人間の仕事がどう変化していくのか、私たちはどう対応したら良いのかについて、和田先生の講義をお聞きし、OBと学生で議論をするという形で進められました。AlphaGoや、AIスピーカーなど、現在AI技術の進歩は凄まじく、いずれAIに取って代わられてしまうかもしれない職業が多くあります。化学の分野でもAIの利用が模索されています。人間にしかできない仕事があるとはいえ、私たちもAIがもたらす影響について考えてみる必要があります。明確な答えがある問題ではありませんが、将来について考える良い機会となりました。特にコンピューターが使われ始めた時代を生き抜いてこられたOBの方々の意見は、とても参考になりました。

後半では、グループに分かれて、企業に求められる能力について考えました。まず学生、OBで分かれて3,4人のグループとなり、学生は20代後半の会社員になった時に欲しい能力を挙げ、OBの方々には若手の社員に求める能力を挙げていただきました。その後、OBと学生で意見を交換し、最終的なグループの意見としてまとめました。コミュニケーション能力や専門性、独創性などが挙げられる中で、与えられた仕事をしっかりこなす力や礼儀が重要だと考えている方もいました。最後に各グループに意見を発表してもらいました。どのグループでもコミュニケーション能力や積極性は挙げられていましたが、どの能力を一番重視するかはグループによって違っていて非常に興味深く感じました。

現在、社会にどのような能力が求められているのかを考えることは未来を担う若手にとってとても重要なことだと思います。今回そのような機会をいただけたことに深く感謝し、これからもこのような機会があればぜひ参加したいと思います。最後に企画してくださった和田先生並びに委員の皆様、誠にありがとうございました。

 
文責:応用化学科1年 西尾 博道(2017/12/17)

第3回 自主勉強会2017

12月13日の18時15分より、第3回自主勉強会を開催いたしました。今回のテーマは「進路・院試」です。就活や院試を終えたばかりの学部4年生の先輩方3名をお招きし、自身の就活体験、院試体験とその経緯についてお話をしてくださいました。今回来ていただいた先輩方は、来年度から社会人になる先輩、来年度から東京大学の大学院に進学される先輩、来年度から早大の大学院(応用化学専攻)に進学される先輩の3名です。

 

まず、先輩方からプレゼンテーション形式で略歴、進路を決めたきっかけ、院試を受けられた先輩方からは使用した教材、勉強方法などをお話してくださりました。

 

来年度から社会人になられる先輩からは、学部で就職する人がほとんどいない中であえてその道を選んだ理由、卒業研究をしながら就職活動をすることの大変さを教えていただきました。就職活動のために休んだ日のぶんの埋め合わせを別日に設ける必要があり、1週間で休みの日がないような日々もあったようです。

 

来年度から東京大学の大学院に進学する先輩からは、院試を受験するまでの流れ、院試の受験科目や教材などをお話していただきました。早稲田の応化で深く学習しない量子化学が院試で出題されることもあるというお話は、参加者にとって初耳だったようです。

 

最後に、来年度から早稲田の大学院に進学する先輩からは、研究室生活を修士まで続けることに決めた経緯、早稲田の院試の受験科目、大学院の推薦条件などを紹介していただきました。

 

プレゼンテーションの後、参加者が10~12人のグループ3つに分かれ、フリートーク形式で自由に質問をしたり、より具体的なお話をお伺いしたりしました。どの先輩方も、「早めに行動することが重要である」とおっしゃっており、早めの準備が選択肢を広げることも教えていただきました。3年生だけでなく、1・2年生も多く参加しており、将来をより具体的に考えることができたのではないかと思います。お忙しい中、貴重なお話をしてくださった4年生の方々、ありがとうございました。

蜀咏悄 2017-12-13 19 02 15

     文責:応用化学科2年 疋野 拓也 (2017/12/31)

第2回 自主勉強会2016

11月18日(金)の18時15分から、第2回自主勉強会が開催されました。今回のテーマは、「院試について」であり、院試を終えたばかりの3名の学部4年の先輩のご講演を聞きました。

まず、早稲田大学の院試について、いつ頃からどのように勉強をすれば良いのか、試験に対する心構えなどを、春から本大学の大学院に進まれる先輩が、自らの体験を交えて教えてくださりました。“生の声”を伺うことができ、院試に対する具体的なイメージが持てました。学部1年にとって、ここまで踏み込んだ院試の話を聞ける機会はなかなか無いと思うので、貴重な機会になったのではないでしょうか。

%e8%87%aa%e4%b8%bb%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a1

次に、他大学の大学院に進学される先輩(東京大学大学院、東京工業大学大学院へ進学予定)に、大学院で他大学に行くということはどういうことか、そのメリットとデメリットについて教えていただきました。その上で、大学院は早稲田大学か他大学のどちらに進学するかを決めるべきであり、その点についてはじっくりと考えてほしいというアドバイスをいただきました。おすすめの参考書や勉強に対する姿勢については勿論のこと、卒業研究をどのように両立させていくか、院試で上手くいかなかった場合、どうするのかなど、滅多に聞けないことも教えてくださりました。

%e8%87%aa%e4%b8%bb%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a2

%e8%87%aa%e4%b8%bb%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a0

自分のしたい研究が分からなくても、まずは、様々な研究室に行ってみて、興味のあることを探して欲しい。そして、大学院は大学名で優劣が決まるものではなく、研究室によってその雰囲気や内容が全く異なるので、「大学名にとらわれず、自分のやりたいことに向けたbest choice」をして欲しい、というお言葉もいただきました。

どの先輩方も、大学時代にしかできないことをしようと、勉強は勿論の事、サークルやバイト、留学など、様々な事に取り組んできたそうです。そのパワフルな姿勢を目の当たりにし、身の引き締まる思いでした。
お忙しい中、貴重なお話をしてくださった4年生の方々、そしてこのような会を開いてくださった先輩方、ありがとうございました。

文責 : 応用化学科2年 濱村 咲妃 (2016/11/25)

第1回 自主勉強会 2016

2016年7月4日の5時限後に,学部1~3年生を対象とした第1回自主勉強会を実施致しました。今回の勉強会では「英語の勉強法」と題して,前半では英語を研究で日常的に使われている院生,短期留学を経験されたことのある院生の先輩方3人をお招きし,研究を中心とした大学における英語の必要性,日常の英語学習などについてご講演いただきました。
講演の後はフリートークの時間となり,院生の先輩方を学部生が囲む形で院生から学部生に対して様々なアドバイスを頂き,その後学部生が疑問に思っていることに対して答えていただきました。質疑応答の時間では,主に研究発表やゼミにおける英語の重要性,英語学習で工夫されていたこと,短期留学についてなど丁寧にお話していただきました。学部生の方からも積極的に質問が飛び交い,大変実り多い勉強会になったように思えます。
%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e8%87%aa%e4%b8%bb%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a_3782 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e8%87%aa%e4%b8%bb%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a_7032

今回の勉強会に参加して研究での英語の重要性がはっきりし,日頃から地道にコツコツ英語のスキルを積み重ねていくことの大切さを感じました。さらに留学等の話を聞いて,自分の視野の狭さや自分がどれだけ閉ざされた世界で生活しているか身を染みて実感し,将来のことを考える貴重な機会にもなりました。そして何よりも今回の勉強会で印象に残ったことは,どの先輩方も意欲的にかつ楽しみながら英語を学習されていたということでした。普段から大切であることは分かっているけれど嫌気がさしがちな英語学習に対して,大いにモチベーションを高められた気がします。
お忙しい中今回お話していただいた3人の院生の先輩方,会を企画してくださった学部4年の交流部会の方々に深く感謝申し上げます。 (文責 応用化学科2年 渡辺 清瑚)