カテゴリー別アーカイブ: OB/OGへの突撃インタビュー

第2回 OB/OGへの突撃インタビュー

 

学生委員会の今年度の新企画「OB/OGへの突撃インタビュー」の第二回目として応用化学科OBの柴田俊さんにご協力いただきました。

 

会社概要を主とした記事は、就活サイト等で見かけますが、OB/OGさん個人にフォーカスを当てた内容のものはなかなか見かけることはありません。会社概要を主としない分、フラットな文面で掲載できればと考えております。応化学生の皆様の、会社生活のイメージ作りの手助けになれば幸いです。

 柴田さん

柴田俊さん

王子ホールディングス(株)

2010年 修士課程修了(常田研究室)

現在、常田研究室は生命医科学科に所属していますが、2007年に生命医科学科が新設されるまで、常田研究室は応用化学科に所属していました。柴田さんは学部では応用化学科、修士では生命医科学科に在籍されていました。

 

現在の会社生活について教えてください

 

王子ホールディングス株式会社で社会人7年目です。入社時は粘着剤の研究をしていましたが、今は営業を担当しています。1時間ほど電車に揺られながら通勤し、午前中は主にメールのチェック、午後は面談をしています。海外のお客さんが多く、よく出張します。この間は中国に行ってきました。

とても多趣味で、休日はインドアからアウトドアまで様々なことをしてますね(笑)以前は社内のテニスサークルに参加していました。香川に配属されていた時は、スポーツジムや陶芸に通ったりなど地元の方との交流が楽しかったです。近頃はまた新たなことに挑戦しています!

 

学生生活の思い出を教えてください

B1の時はギター、B3の時にはバドミントンをやっていました。その他ビリヤードや麻雀で遊ぶことが多かったですかね。学部時代には塾講師のアルバイトで週3〜4日働き、貯まったお金でB3の夏に3週間、イギリスのオックスフォードに留学しました。

応化委員(学生委員会学部生部会)では委員長を務めました。若手OB/OGが気軽に母校に戻ってきて学生と交流が持てる場を作りたいという思いのもと、M1の時には縦割り交流会を企画しました。教授、OB/OG、学生の三位一体を目指して頑張りました。

 

(参考)2017年度開催記事

第1回縦割り交流会

 

学生時代に戻れるならば、バックパッカーをやってみたいですね(笑)色々な国で色々な人に出会っていろんな経験を学生の自由な時間を使ってしてみたいです。高校生の時、北京で開催された、APECのポスターセッションにて現地の高校生と友達になり、今でも交流があります。

研究室生活で培った「仮説を立て、実験し、検証する」といった考え方は、今の会社生活で非常に役立っています。

 柴田さん2

(B3イギリス留学にて)

 

今後の目標を教えてください

 

会社生活では、今自分が担当している仕事をうまく軌道に乗せたいですね。私生活では、自分が行動することによって、自分も含め周りの人を幸せにできればと思っています。

 

学生へのメッセージをお願いします

 

複雑なしがらみがなく、いろんな人と出会って話ができる「学生という肩書」を有効活用してほしいと思います。ぜひ様々な分野、様々な年代の人と話して、自分の視野を広げ、自分の常識を作らずに将来設計の参考にしてもらいたいと思います。

社会人にとって大事なものは視野を変えられる能力です。物事をいかに俯瞰し、多角的ななアプローチができるかが重要となります。学生の皆さんには安全な道に進むのではなく、自分の納得のいく道に進み、様々なことにチャレンジしていただきたいです!

 

12月20日インタビュー(聞き手&文責:学生委員会 政本浩幸(B4)・野々山慶一(B1))

 柴田さん3

(2016年5月高尾山企画にて)

 

第1回 OB/OGへの突撃インタビュー

学生委員会の新企画「OB/OGへの突撃インタビュー」のトップバッターとして応用化学科OBの米山依慶さんにご協力いただきました。

昨年度より再開した、応化会広報委員会の企画「先生への突撃インタビュー」に端を発し、この度、若手OB/OGに対するインタビューを企画することになりました。学生委員の低学年がインタビューアーとして参加することで、多くの学生委員に若手OB/OGとの関わり合いを持ってもらうことも一つの目的であります。

会社概要を主とした記事は、就活サイト等で見かけますが、OB/OGさん個人にフォーカスを当てた内容のものはなかなか見かけることはありません。会社概要を主としない分、フラットな文面で掲載できればと考えております。応化学生の皆様の、会社生活のイメージ作りの手助けになれば幸いです。

米山さん

米山依慶さん
横浜ゴム(株)
2009年 修士課程修了(菅原研究室)

現在の会社生活について教えてください

横浜ゴム株式会社で研究開発を行っています。通勤はバスを利用して30分ほどで、午前中はデスクワークを行い、午後に研究を行っています。自分で研究するだけではなく、レシピを作成し、研究員に委託することもあります。作業服を着たままなので、外に出て食事をとることはほとんどなく、会社の中の食堂か生協を利用しています。

休みの日は学生委員へのサポートをしたり学内や研究室のイベントに出席したり、大学の同期と会ったりして過ごしています。以前は社内のフットサルチームに参加することもありました。他にも、電車で色々な場所に出かけたり、野球やサッカーなどのスポーツ観戦をしたりすることで、リフレッシュしています。

OGOB1_1

学生生活の思い出を教えてください

学生時代はサークルに入らず、バイトも短期のバイトが主だったので、思い出の大半は学生委員会です。当時の学生委員会は、今のように様々な企画を手掛けてはおらず、新入生オリエンテーション合宿、そして理工展に的を絞って活動していたので、この2つに関してはよく覚えています。

4月のオリエンが終わると、しばらく活動は控えめになり、また夏前くらいから理工展に向けて本格的に活動を再開していました。B3で委員長になってからは、なるべく一人ひとりと向き合ってコミュニケーションを取る努力をしていました。様々な考え方を取り入れていくのは大変でしたが、仲間と共に議論を重ねていく過程は、社会人になって大いに役立っていると思います。

また、研究室ではゼミ長も担当し、余裕のある学生生活とは言えませんでしたが、当時の自分の限界にチャレンジできたのかと思います。

今後の目標を教えてください

まずは目の前の仕事に対して、より結果を出していくことですね。社内で「自分がやったんだ!」と言えるような結果を出して、ゆくゆくは世の中に貢献できたらいいなと思います。あとは、応化会の活性化です。応化会と共に、素晴らしいものを作り上げたいですね。会費も、今以上に集まるように頑張りたいです。趣味での目標は、鉄道の全路線の制覇です!

OBOG1_4

学生へのメッセージをお願いします

学生時代の経験で今でも活きているなと思うことは、「コミュニケーションを取ること」です。出来るだけコミュニケーションを多く取り、先入観を持たず、様々な人と付き合っていくことが重要かなと思います。自分の主張となる軸を持ちつつ、他者の意見を受け入れていく柔軟な姿勢が大切かと思います。また、その付き合いの中で、上下の繋がりを作っていくことです。大学で出来た縦横の繋がりは、卒業して10年経った今でも、大切な財産となっています。

そして、様々な経験をすることも大切です。今思うと、学生時代にもう少し遊んでおけばよかったかなと思います。学生の皆さんには、失敗を恐れず、沢山チャレンジしてもらいたいと思います!

OBOB1_3

 

6月末日インタビュー(聞き手&文責:学生委員会 政本浩幸(B4)・武者樹(B2)・吉田啓佑(B2) )