画像

応化委員女子会月報_5月

4月15日金曜5・6限の時間に新入生向けの女子会を行いました。

新入生同士の繋がりと上級生との繋がりを作ってもらうことを目的に開催しました。

30人ほどの新入生が参加し、いくつかのグループに分けてお話をしました。新入生同士では、自己紹介から始まり、簡単なゲームなどをしていました。一緒に来た友達とはできる限り違うグループになるようグループ分けをしたので、みんな新しい友達ができたようで良かったです。上級生は、新入生からの質問に答えたりしながら、フランクに話しかけてもらえるような場づくりに努めていました。

0509_女子会_様子

新入生からの満足度も高く、開催して良かったです。今後も女子会ではこのようなゆるく話せる場を提供していけたらと思います。

文責 B3輿石優奈

2022年度新入生オリエンテーション

2022年度新入生オリエンテーション

 2022年4月29日(土)に新入生対象のオリエンテーションを開催しました。今年度は西早稲田キャンパスにて対面での実施となりました。

当日のタイムスケジュールは以下の通りです。
13:00~13:20 応化委員からの当日の流れ説明
13:20~14:45 先生方による学科ガイダンス
14:55~15:35 グループミーティング1回目
15:50~16:30 グループミーティング2回目
16:45~17:45 精秤リレー

 グループミーティングには、小柳津先生、木野先生、桐村先生、下嶋先生、菅原先生、関根先生、野田先生、平沢先生、福永先生、松方先生、門間先生、山口先生、細川先生、小堀先生、須賀先生、花田先生、梅野先生の17名の先生方が参加してくださいました。グループの編成は、各先生に対し新入生8名程度です。グループミーティングでは、まず研究室での研究内容について先生からお話を頂戴し、その後、研究室での生活や大学時代に取り組むと望ましい事等、新入生からの質疑応答を中心に先生からお話をお伺いしました。始めは多くの新入生が緊張した様子でしたが、次第に質問が増え、最後は積極的に各話題に参加していました。新入生からの質問内容では、高校時代とは異なる、大学における学習生活に関する事項が多い印象を受けました。

オリエン1

 精秤リレーは、新入生同士の親睦を深めることを目的として、応化委員が考案したレクリエーションです。チーム内にて順番に塩NaClの精秤を行い、合計質量が正確に20.000 gになることを目指します。精秤の目盛りは、精秤リレー開始後から隠されていますが、折り返し地点である3人目の精秤が終わった時点で一度だけチームメンバーに開示されます。
新入生は、1チームにつき新入生約6名、計21チームに分かれて競います。7台の秤を使って1ラウンドにつき7チームずつ対戦し、計3ラウンド行いました。
3ラウンド終了後、各ラウンドの上位2チーム×3ラウンドの6チームと、シード権の先生チーム(小柳津先生、桐村先生、細川先生、須賀先生、梅野先生)が決勝ラウンドで対戦しました。各ラウンド・決勝戦ともに接戦が繰り広げられ、1位は19.824 g(目測誤差:-0.176g)でした。

 精秤リレー中には、新入生同士で作戦を練ったり、互いに励まし声を掛け合ったりする姿が随所に見られました。サポート役に回っていた応化委員も新入生達と一緒に盛り上がり、会場は終始和やかな雰囲気でした。

オリエン2

 今回のオリエンテーションを通じて、新入生が所属する学科についての知識を深め、まだ不慣れな大学生活を送る中で不安に思う気持ちが軽減されたことと思います。新入生同士の親睦が深まるとともに、応化委員を通じた先輩達との交流が達成されたならば大変嬉しいです。

文責 B2 磯貝優里霞

2021年度第四回若手会員定期交流会

 去る2月26日、2021年度第四回若手会員定期交流会を行いました。本企画は昨今の情勢にかんがみて中止された縦割り交流合宿の代替企画を兼ねており、当初は対面形式を予定しておりました。しかし依然予断を許さない感染状況から、オンライン形式での開催となりました。以下に詳細をご報告させていただきます。
早稲田応用化学会・交流委員長の椎名さんの挨拶から始まった今回の縦割り交流会では、「SWOT分析」を軸に若手OBの方々9名と学生22名(B1 10名、B2 7名、B3 2名、B4 2名、M2 1名)の計31名で交流を図りました。テーマは、「私は、今年で52歳になります~日本のイノベーションのジレンマを超えて、SWOT分析によるアプローチ~」
以下に交流委員長の椎名さんの挨拶を一部要約して掲載します。

「本来であれば縦割り交流合宿と言う事で若手部会と学生委員の交流を出来るところ、それが出来ないことは大変残念ではありますが、代替のイベントを皆さんで企画していただいた事に感謝を申し上げます。2023年5月に早稲田応用化学会は100周年を迎えます。25年後、50年後の応化会が目指す将来像をテーマとして、現在、記念行事の準備を進めております。125周年においては、本日お集まりいただいている皆さんの世代が中心となって活動されていると思います。応化会は会員ファーストで企画を準備する事が大事ですが、運営する側も楽しんで活動しないと発展はないと思っております。また100年の歴史を築いていただいた先輩方にも多くご参加、ご協力いただき、懐かしい仲間・新しい仲間が交流する事で絆を深めて、早稲田らしいイノベーションの創出に貢献できればと思います。この縦割り交流会の活動が、応化会の目指すべき方向性のヒントになって行くことを期待し、私の挨拶とさせていただきたく思います。」

 椎名さんから挨拶を頂戴した後はアイスブレイクを行い、その後イントロダクションとしてOBの劉 雲龍さん(新56、元酒井・小堀研、三菱ケミカル株式会社及び早稲田大学大学院商学研究科・博士後期課程)に今回のワークに必要な事前知識を教えていただきました。そしてグループワーク、最後に発表という順序で進んでいきました。
具体的にイントロダクション(詳細につき下記参照)では、SWOT分析とそれをはじめとする2×2の分析手法について知識を得たほか、今回のSWOT分析の対象である日本の現状や、分析の目的に関わるイノベーションのジレンマについても学びました。

・イントロダクション①:「1枚の未来地図」で冒険を始めよう!!~SWOT分析紹介~
・イントロダクション②:「2×2」の世界を探検しよう!!
・イントロダクション③:旅の起点は、やはりニッポン!!~イノベーションのジレンマ
について考える~

 今回のグループワークでは、対象を日本に設定するなど少々スケールの大きい分析となったために、行き詰まるような局面も見られました。しかし、最後の発表では昆虫食と日本の食の安全性・ブランド性を掛け合わせるような意見や、少子高齢化をチャンスと捉える意見など非常にユニークな案が多く飛び出しました。これらはまとめで学んだ「ポジティブな発想の転換で脅威すら機会と捉える」ことをまさに体現したものと言えるでしょう。最後のまとめでは、さらにこれからの社会が知識基盤社会でかつ不確実性が高い時代であることを確認したうえで、それを乗り越えるためには生涯学び続けることを通じて深化と探索を同時に行っていくことの重要性についても教わりました。
「発想力は移動距離に比例する。チャンスは行動力に比例する。」これは企画の最後に劉さんから頂いた言葉です。今回のグループワークで得たものを端的に表すフレーズで、とても強く印象に残っています。
このように今回の縦割り交流会も大変実りのある有意義な時間でした。成功裏に終えることができたのは参加してくださった若手OBの方々、運営してくれた学生委員のおかげであり、本企画に携わった全ての方に感謝を申し上げて締めさせていただきます。誠にありがとうございました。

S__27869194S__27869192

文責 B1植野公陽

2022年度 新入生歓迎会

4月9日に新入生歓迎会が行われました。一昨年と昨年はオンラインでしたが、今年度は6つの教室に分かれてそれぞれをZoomでつなげるという新たな形式で開催しました。新入生のほぼ全員(121名)が参加してくださりました。私たち学生委員会にとっても久しぶりに対面イベントの実施となったため、改めて直接人と関わりが持てること、コミュニケーションができることの良さを感じました。新入生にとっても、そして新入生を迎える私たち在校生にとっても非常に有意義な歓迎会であったと思います。

新入生に向けては先輩にあたる在校生からの声をもとに応化学生の授業時間割の組み方やサークルについて、キャンパス周辺のおすすめの飲食店などを紹介しました。
また、早稲田大学や応用化学科にちなんだクイズも行いました。とても和気あいあいとした雰囲気で、最初は緊張していた新入生もたくさん話すことが出来ていました。
最後のフリートークでは新入生が不安に思っていること、上級生に聞いてみたいことなどについて先輩学生からアドバイスをしました。近年コロナウイルスの影響で自分自身も思い描いていたような大学生活を遅れていなかった在校生からは「自分たちはこんなことで苦労したから新入生にはぜひこうしてほしい」などの声もあり、新入生にとってはこれからの学生生活の参考になる話を聞けたのではないかと思います。
画像1
会の終了後にも、新入生の間で会話が盛り上がっていたり、連絡先を交換し合ったりする様子などが見られました。今回の新入生歓迎会が少しでも彼らの交友関係やこれからのキャンパスライフに役立つものとなっていれば嬉しいです。
画像2
今年度からは対面での授業が増えたことで大学内には多くの学生が行き交うようになり、少しずつですが以前のキャンパスの様子に戻りつつあります。ぜひ新入生の皆さんには誰かと一緒に学ぶことができる環境での学生生活を楽しんで、実りあるものにしていただきたいです。

文責 M1桐木理沙

第7回学生企画フォーラム

12月4日(土)にオンラインにて第7回学生企画フォーラムが開催されました。本会は学生が学生のために企画・運営を行うフォーラムです。本年度は富士フイルム株式会社の絶大なるご協力のもと3名の社員様にご講演いただきました。

フォーラム1 (2)

フォーラム2 (2)

西尾学生委員長、梅沢基盤委員長よりご挨拶いただき、開会しました。

はじめに澤田様、赤木様よりご講演いただきました。澤田様より富士フイルム株式会社の概要や富士フイルムで重ねられた経験 (STORY) をご説明いただきました。続いて赤木様より新入社員の生活など実体験によるお話をいただきました。フイルム事業で培われた技術を様々な製品へと転換し、第二の創業へと繋げられたお話など富士フイルムの持つ高い技術力を感じることができました。また、詳しく新入社員の生活をお聞きすることができ将来の自分の姿を想像することができたと思います。

引き続いて村上様よりご自身の業務内容の変遷より富士フイルムの多岐にわたる業務領域の紹介と共に仕事に関する考え方をお話いただきました。医薬品に関わる部門では新薬の探索から製剤化まで幅広く携われたことを知ることができました。そのご経験から会社に入ってからも学び続けるが必要であるとお伝えいただきました。質疑応答からは、新たな分野へと飛び込むときのモチベーションや研究者目線でのDXやMI (Materials Informatics)についてなど将来に向けてのお話もされていました。

ご講演終了後は応化会としては初めて「Ovice」というツールを用いて懇親会を行いました。こちらのツールでは自身のアイコンを移動させることで、よりリアルに近い形で会話ができます。富士フイルムの社員様には引き続きご参加いただき、オンライン上ではありますが密な交流ができたかと思います。 

フォーラム3

フォーラム4

最後となりますがご参加いただきました学生やOB,OGの皆様、お忙しい中ご協力いただきました富士フイルム株式会社様誠にありがとうございました。

 文責 B4 岡 順也

2021年度企業が求める人材像~ストラテジー時代に求められる様々なリーダーシップの視点~

11/20に企業が求める人材像を行いました。久しぶりの対面企画ということもあり、総勢43名に参加していただきました。本年度は若手部会との交流会という形で「リーダーシップ」に関して楽しみながら学ぶことができました。

会のはじめに劉 雲龍さん(新56、酒井・小堀研。三菱ケミカル株式会社、早稲田大学大学院商学研究科・博士後期課程商学専攻)よりリーダーシップ論についてのご説明がありました。リーダーシップと聞くと、限られた人のみが持つ能力のように聞こえるかもしれません。しかし、本会におけるリーダーシップとは周囲との「関係性」であり、誰しもが実践できるスキルです。そのほかリーダーシップ論の変遷や早稲田大学の卒業生 (ユニクロ・柳井さんなど)の考えなどをご紹介いただきました。

講演後グループワークに移りました。参加者は事前に行われた自己分析により以下のカテゴリーに分類されました。各グループに分かれ、『早稲田応用化学会』というテーマについて議論しました。

コントローラー型:常に自分が判断する立場にいたいと望み、自分をコントロールする人に意識的、無意識的にかかわらず反発します。

プロモーター型:他者に影響することを大切にしています。

サポーター型:人の期待に応えようと行動し、対立を避ける傾向があります。

アナライザー型:自分の行っていることが「正しい」と実感できるとき、彼ら の行動は促進されます

各グループでの議論の際にはそれぞれに以下の役割を分担し、それぞれのリーダーシップを体験できるようにしました。また議論した内容はスライドにまとめ、各グループからの発表および、質疑応答を行いました。

リーダーシップスタイル:

先駆者スタイル:チームの成果を高めるために、他の人に取ってほしい行動をまず自分が取る、また、まわりから批判されそうなアイディアでも提案してみる

司会者スタイル:チームメンバーに話しを振ることでチームメンバーのアイディアを引き出し、話してもらうことでメンバーの 魅力を引き出す

航海士スタイル:チームの議論の方向性を決め、議論が脱線した場合に話しを戻す

補強者スタイル:チームが必要とする支援を行い、地味ではあっても重要なサポート役を担う

応援者スタイル:チームメンバーを精神的に支援、そのたゆまぬ努力を積極的に応援する

提案者スタイル:議論に必要と思えるアイディアを積極的に出し、成果に近づくように様々な視点から提案を行う

参加者からは「環境問題について」の講義や、「将来設計」また「就職活動に向けた講義」など多角的な視点からの提案が成されました。これも各参加者がそれぞれのリーダーシップを発揮しながら行った結果だと思います。

企業1

企業2

会のまとめとして再び劉さんより早稲田と東工大におけるディプロマポリシーの紹介および実行軸・思考軸を基調とした将来設計(未来地図)を作っていったらどうかとの提案がありました。また今回はSTEP1の目標設定であり、今後STEP2として自己認識などより理解を深めていきたいというお話がありました。その後学生代表の感想及び橋本副会長よりご講評をいただき、本会は盛会のうちに終了いたしました。

最後になりましたが、本会にご参加いただいた皆様、また準備にご尽力くださった皆様、誠にありがとうございました。来年度以降も引き続き、魅力ある会が開けるように努力いたします。

企業3

文責: B4 岡順也

2021年度理工展出展報告

11月6, 7日の土日に渡って理工展が開催され、応化委員として展示や演示実験を行いました。早稲田大学の入学を考えている中高生はもちろん、小さなお子様や在校生の保護者様の方々など、たくさんの来場者にお越しいただきました。

 

今回2021年11月6(土), 7(日)日に行われた理工展では、2年ぶりに対面企画を実施できることとなり、展示班と実験班に分かれて活動を行いました。

 

展示班

展示班では、1~4年生の時間割や研究室の掲示、教科書、実験指導書・実験レポート、元素記号パネルの展示、応用化学科の紹介動画に加えて、簡単な演示実験2種類を行いました。

コロナウイルス蔓延防止対策として、一度に教室に入れる人数を25人に限定し、入り口にアルコールを設置して消毒のお願いを行いました。

教室内では、授業の様子や行事、また応用化学科特有の組織でもある「応用化学会学生委員会」の活動などをスクリーンに映しました(紹介動画のリンクhttps://youtu.be/PX8k0J6RVyg)。演示実験では、水中にシャボン玉をつくる実験、吸水性ポリマーによる吸水に伴った体積膨張を観察する実験を行い、中高生、大学生、お子様や保護者様など2日間で700人を超える多くの方々にお越しいただきました。

学生への質問としては、来場者様から受験の様子(一般・指定校など)、研究室決定の時期や決定方法、授業内容、サークルやアルバイトとの両立についてなどがあり、対応した学生はそれぞれ自分の知見で答えていました。

理工展1 理工展1-2

実験班

実験班では「ケミカルライト」、「芳香剤を作ろう!」、「色付きクリスタルガラス」、「人工いくらでスノードームを作ろう!」の計4つの実験を用意しました。「ケミカルライト」と「クリスタルガラス」は演示実験を見てもらい、「芳香剤」と「人工いくら」は参加された方が自分の手で作製し、化学を実際に体験していただきました。4つの実験を、「ケミカルライト」&「芳香剤」、「クリスタルガラス」&「人口いくら」の2グループに編成し、また感染対策として時間別に整理券を配布するとともに、入り口にアルコール消毒を設置しました。

各々の実験班では、学生がフリップやホワイトボードを用いて実験の原理と概要を説明しながら実験を行いました。「芳香剤を作ろう!」、「色付きクリスタルガラス」、「人工いくらでスノードームを作ろう!」では実験で作製したものを密閉容器に入れ、安全対策をしたうえで持ち帰っていただきました。学校の授業では難しい実験が多くありましたが、お子様を中心とした多くの方々に楽しんでいただけたと思います。

理工展2理工展2-2

昨年は対面開催が出来なかったため、今回の理工展では変更点が多く、学生だけでなくOB・OGさんをはじめとして沢山の方々のご協力があって理工展を終えることが出来ました。ご協力してくださった皆様に感謝申し上げます。私自身は実験班として参加しましたが、子供たちが眼を輝かせながら実験をしていたり、アンケートに「(作ったものを)たからものにする!」と書いてあったりと対面で出来てよかったと感じました。感染対策で今回は人数制限を行いましたが、来年以降はそのような制限なく理工展を開催出来ることを期待します。

 

文責 B2 中村勇渡

2021年度 早稲田大学先進理工学部応用化学科オープンキャンパス 実施報告

先日行われたオープンキャンパスにて、応化委員会として出展に協力させていただきました。当初は対面形式を予定していましたが、緊急事態宣言の発令に伴い、オンラインでの開催になりました。対面ではなかったものの、参加者の方には様々な方法での企画を楽しんでいただけたと思います。以下にご報告させていただきます。

今年度のオープンキャンパスは8月18、19日に行われました。今回は緊急事態宣言下のため、Zoomを2種類のグループに分け、それぞれ別のコンテンツを提供しました。片方のグループではリアルタイムで個別相談及び研究室の紹介を行いました。もう一方のグループでは、Zoomの共有機能を用いてあらかじめ撮影した動画を流し、応用化学科の様子を紹介しました。以下ではリアルタイムで対応したグループをルームA、動画を流したグループをルームBと記述します。 今回、運営として応化委員会からB2が6名、B3が4名、応援としてB4の先輩が2名参加しました。

前日に行った事前準備では、担当や対応を決め、事前に頂いた質問を確認しました。また、ルームAで紹介するサンプルやルームBで流す動画などは応用化学科の研究室にて用意しました。

ルームAでは個別の進路相談や研究内容のサンプル、研究室紹介を行いました。進路相談では、入試の方法によってそれぞれZoomの別の部屋を立て、参加者の入試方法に合わせてそれぞれの担当者に直接話を聞くという形式をとりました。そして、研究室・サンプル紹介のルームを2つ作り、それぞれを移動して違う種類のものを紹介しました。この部屋割りでは、進路についての相談は学生が行い、研究室・サンプル紹介は助手の方々に担当していただきました。進路相談では、一般入試での質問が多いと考え、担当を多く配置しました。参加者の質問も多岐にわたり、入試の対策や勉強方法から始まり、大学の様子や応用化学科に関する詳細の質問もありました。また、大学や学部の選び方の質問や、 生物受験者の不安も見られました。研究室・サンプル紹介では、実際に研究している毒やカーボンナノチューブおよび各研究室の説明をしました。ここでは、対話定式ではなく、こちら側が一方的に話す形になってしまい、質問があまり出てこなかったことが懸念点として挙げられました。

ルームBでは、演示実験と詳細な実験室紹介の動画をZoom上で配信しました。また、動画のリンクを配布し、期間中にはいつでも見られるようにも工夫しました。研究室に所属する学生から各研究室の雰囲気を感じられたことが、運営側としても印象的でした。また、演示実験はやや難しい内容でしたが、説明が詳細で興味深く、自ら体験したくなりました。

今回のオープンキャンパスはオンラインでの実施でしたが、様々なコンテンツがありました。応用化学科の強みについて、一般受験の学生だけでなく、推薦・内部進学の学生たち  や受験生の意見を知ることができ、視野が広がる非常に良い経験となりました。オンラインでの実施によって、動画配信やZoomを用いて遠方の受験生も参加しやすい点がとても良かったと感じました。また、参加者からのフィードバックとしてアンケートを募ったところ、基本的に肯定的な意見が多く見られましたが、まだ改善の余地もあると思います。来年も応化委員会として参加し、今回の経験を生かして応用化学科の魅力をより伝えられるオープンキャンパスにしたいと思います。協力してくださった研究室の皆様、先輩や助手の方、そして先生方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 オープンキャンパス

文責 B2 水口哲也

応化委員女子会 月報_8月

更新が遅くなってしまいましたが,女子会の進捗状況をご報告させていただきます。

5月は各学年の交流に注力し,B2,B3それぞれに新型コロナウイルス対策を万全にしたうえで対面にて5/11に女子会を実施いたしました。またオンライン会議ツールzoomを用いて,5/3に女子会幹部と応化OGである宮部様を交えて座談会を実施いたしました。

6月は同月に応化委員に入会したB1女子を交えて,B1,B2,B3で同様にオンラインにて6/25に女子会を実施いたしました。

7月は試験期間であったため活動は行わず,代わりに応用化学会学部生部会全体にアンケートをとり応化委員が望む企画等を調査いたしました。その際に女子会についても調査いたしました。

 

5月に実施したB2女子会において,参加者は10名と普段の応化委員の企画よりも多くの人が集まりました。また同学年の女子だけということもあり気軽にお話ができたようでした。昨年度は新型コロナウイルスにより対面での授業が少なく,例年より学生同士の交流が少なかったため不安が大きかったと思います。このような機会を利用して交流を深められれば良いと思います。

 

同月に実施したB3女子会では,参加者は4名とやや少ないように感じました。B3応化委員女子は9名のみですが,少人数だからこそ,つながりを大切にしたいと思っています。研究生活が始まると,他の研究室の人と交流する機会が格段に減ります。そのような状況でも話せる仲間がいるのは心強く,より交流をしていきたいと感じました。

 

宮部様との座談会は,食品業界に興味がある私から明治でチョコレートに関するお仕事をされている宮部さんにご依頼し,実現いたしました。お仕事の内容や食品会社における分野による雰囲気の違い等のお話をしていただきました。女子会幹部の学生は今までOBOGと話す機会が少なかったこともあり質問等が難しく感じたかもしれませんが,気さくにお話をしてくださり非常にためになりました。

 

6月の女子会はB1~B3応化委員でB1応化委員女子新歓も兼ねて行いました。B1は入れ替わりがあったものの合計7名が参加しました。本企画ではお題に沿ってそれぞれ自己紹介を行い,B2以上がそこから話を膨らませていったのですが,多くの共通点が見つかり,笑いが絶えない会となりました。今年度,応化委員に入会したB1は全体で約70名と母数が大きいため,今後さらに多くのB1と交流ができることを期待しています。

 

女子会はまだまだ誕生したばかりですが,8月はB4以上が所属する交流部会との交流,秋学期からはOGとの交流を検討しております。ご報告がかなり遅く大変申し訳ございませんが,少しずつ成長していければと考えております。どうぞ温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願いいたします。

 女子会8月1

宮部様との座談会の様子

 女子会

 6月の女子会の様子

 

文責:B3髙田こはる

応化委員業界研究~化粧品・日用品業界~

今回は応用化学科のOBOGである須藤様,佐伯様,松澤様の3名にご協力いただき,化粧品業界及び日用品業界についての業界研究を,それぞれ少人数の座談会形式で実施いたしました。この場をお借りして,お力添えいただきました皆様に心より感謝申し上げます。

 

本記事では,7/27,7/30,8/3の計3回に分けて実施いたしました業界研究の座談会をまとめて記載させていただきます。座談会の流れとして,まずOBOGによる自己紹介後,参加学生の自己紹介を行いました。その後先輩方のお仕事についてお話していただき,学生から質問をしました。各回,1時間前後でOBOG 1名と学生3~4名で行いました。以下にお話していただきましたOBOGの皆様のご紹介をさせていただきます。

 

須藤様:株式会社コーセー スキンケア研究2年,法務部 テクニカルIP課3年目

佐伯様:花王株式会社 研究開発部門ハウスホールド研究所3年目

松澤様:花王株式会社 研究開発部門スキンケア研究所2年目

 

各座談会では研究,会社の雰囲気や異動およびインターンなどの就活について等をお話しいただきました。さらに学生時代にやっておけばよかったこともお伺いし,非常に有意義な時間となりました。またOBOGの皆様がフランクに対応してくださったため,学生からの質問もあり和やかな会となりました。以下に参加した学生の声を記載させていただきます。

 

男性目線から化粧品業界についてお話を聞くことができたのは非常に貴重な経験でした。やはり女性の比率が多い業界であるため男性が目指すのは難しく,入社後も肩身が狭いのではと危惧していましたがそんなことはなく,対等に仕事ができるとわかったのは同じ男性として安心感を覚えました。また実際の説明会などでは聞けないであろう部分もフランクに答えていただけたのでとても有意義な経験となりました。最後にご協力いただいた須藤さんに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。(須藤さんの座談会に参加,B3男)

 

お話を聞いて研究という仕事のイメージや,面白さを感じることができました。商品の開発や改良の視点だけでなく,商品を使う人の目線からも考えていらっしゃることや,アンケートを行っているなど具体的に教えてくださり,興味深いお話でした。刺激的なお話をありがとうございました。(佐伯さんの座談会に参加,B3女)

 

スキンケア研究開発での1日のスケジュールや学生時代との違いをお話していただき,社会人として研究所で働くことをイメージできました。和気あいあいとした雰囲気で,質問もしやすく,自分の知りたいことを聞けてとても有意義な会でした。

松澤様,この度は貴重なお話をありがとうございました。(松澤さんの座談会に参加,B4女)

 

同じ化粧品会社のスキンケア部門の研究開発というところでも,製品開発方法や雰囲気が全く違うこと印象的でした。直接働いている方からお話を聞くことで,会社のHPを見ただけではわからない雰囲気がわかり,実際に自分がその会社で働くことになったときのイメージがつかめたような気がします。また,同じ会社でも扱っている製品によってお客さんとの関わり方が違っているというのも意外で,お三方がおっしゃっていたように勤めている方のお話を聞くということが非常に大切だなと実感しました。就活のときのアドバイスもいただき,これまでは曖昧にしか見えていなかった就職というものへのビジョンが見えてきて,就職という人生の一大イベントに向けて自分が今後どのように行動していけばいいのかということも少しわかったような気がします。この度は貴重なお話をありがとうございました。(3つすべての座談会に参加,B3女)

 

どの学生も非常に大きな満足感が得られました。私自身,化学を仕事にするイメージが全く湧いておりませんでしたが,OBOGの皆様のお話でぼんやりとイメージできました。また会社による雰囲気や福利厚生の違いなど就職活動の際に参考になるお話をお伺いでき,充実したお時間を過ごさせていただきました。今後もこのような業界研究を座談会として開催し,学生自身のための活動を促進していきます。また低学年であるB1,B2にも門戸を開いていき,早くからの情報収集・自己成長をできる場を応化委員で提供していきます。最後に,改めて感謝申し上げます。ご協力いただきました須藤様,佐伯様,松澤様,誠にありがとうございました。

文責B3髙田こはる化粧品1化粧品2化粧品3